monolingualのブログ

monolingualのブログ

こんにちわ。ものりんがると申します。普段はyoutubeに旅行動画を投稿しています。

海外旅行でインターネットを使用する4つの方法

こんにちわ。ものりんがると申します。普段はyoutubeに旅行動画を投稿しています。

 

今回は、僕が海外旅行中にインターネットをどうやってつないでいるのかについてまとめてみました!基本的な日本人旅行者がどうやって海外でネットをするのかについてお伝えします。

 まず、一般的に普段日本で使っているスマホの契約は海外では対応していません

そのため、海外で日本と同じように使用すると使用したパケット分請求がきます!しかもかなりの高額になります。

 

内村「ポケモンGO」で課金50万!?白井「表情が死んでいました」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

 

そのため、その高額請求されないためにもデータローミングをオフにすることが基本となります。

しかし、僕自身はそれだけではいつも不安なため機内モードをオンにしたのちに、wifiをオンにしています(そうするとwifi のみがオンの状態になります)

 

では、そうはいってもそれだとインターネットが出来ないのでどのようにネットをするのかについてまとめます。

 

 

 

①. 国際ローミングを契約する

大手キャリア(ドコモやソフトバンクなど)に契約している人は、一時的に海外でも使用できるような契約プランがあります。

メリットは手軽にできます

デメリットは他の選択しと比べると高額です

②. ホテルやレストランにあるwifiを使用する

今や日本でも公共にwifiがある場所は多くなってきました。

ホテルやレストランなどにwifiがあり、それを利用してインターネットをする方法です。しかし、これには危険性があり、フリーのwifiでクレジットの情報などを入れると、最悪の場合データを抜き取られることがあります。

僕自身も世界一周の際は、その情報を聞いて必ずセキュリティのあるwifiでしか使用しませんでした。

レストランでのwifiに関しては、(もちろん飲食をオーダーしてから)wifiがあるかをスタッフに確認します。もしwifiがあればパスワードも一緒に教えてくれることが多いです。

メリット タダで利用できる

デメリット フリーwifiはセキュリティが脆弱、使える場所が限られている

フリーWi-Fi(ワイファイ)の危険性とそれを避ける方法 | DTI

③. wifi ルーターをレンタルする

イモトのwifiとかが有名ですよね。空港にレンタルする場所があって、使用できます。

メリット どこでも使用できる。複数人でシェアできる

デメリット 荷物がかさばる。ルーター自体の充電もしないといけない。シェアする人数次第だが、少人数だとやや高額。

 

④. 現地対応のsimカードを使用する

僕自身はこれをしています。

simフリーの携帯がないとできませんが、自分の携帯に現地対応のsimカードを使用する方法です。やり方は2通りあって

A アマゾンなどで予め日本で買っておく

B 現地の空港や携帯ショップで買う

といったやり方です。僕は基本的にAです。というのも、Bのほうが安かったりしますが、入国してから店に行くまでネットが出来なかったり、店に入ってからも買ってセッティングするのに時間がかかります。約1時間ぐらいはかかると思ったほうが良いと思います。

Aだと、SIMを入れておけば飛行機が着いた瞬間からインターネットが出来ます。しかもそこまで高額ではありません。

デメリット SIMフリー携帯を持っていないと出来ない

まとめ

値段だけで言うと②<④<③<①でしょうか。人数によれば③はもっと安くなり②<③<④<①となることもあるでしょう。

しかし、海外旅行って時間も限られているし荷物も多いので僕が一番のおすすめは

 SIMフリー携帯を所持して、予めSIMカードを日本で購入しておく

というのが良いと思います。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村