monolingualのブログ

monolingualのブログ

こんにちわ。ものりんがると申します。普段はyoutubeに旅行動画を投稿しています。

ニュージーランド旅行記 part04<クライストチャーチ観光>

こんにちわ。ものりんがると申します。
普段はyoutubeでゆっくり海外旅行を挙げています。今回は備忘録もかねて、出来る限りリアルタイムで記事を挙げています。

今はニュージーランド旅行1日目!
とうとう長い・長いフライトが終わり、クライストチャーチに到着!!!
f:id:monolingualblog:20191027033524j:plainf:id:monolingualblog:20191027033540j:plainf:id:monolingualblog:20191027033558j:plain
クライストチャーチで、レンタカーを借りました。(なぜかGPSはいるか言われて、欲しいといったら外付けのナビを貰いましたが、車にももともとナビあるやーん!金の無駄になりました。。。)
f:id:monolingualblog:20191027033624j:plain
そして、左側通行・右ハンドルの日本と同じようなタイプで、走行してホテルまで頑張って到着!!!

f:id:monolingualblog:20191026193120j:plain

ニュージーランドの人は陽気な人が多い印象!よくしゃべる!!英語ができない我々にとって、四苦八苦しながら愛想笑いw

f:id:monolingualblog:20191027033641j:plain
地図もくれて、周辺の観光に行きました。
スーパーで食材も探さないといけないと思っていたら、宿の人が「明日テカポ行くならそのときにいけばいいんじゃない?水道水も飲めるしね」と言われて、今回は市内観光をすることにしました。

市の中央の広場と、西に存在するハグレー公園に行きました。ハグレー公園は世界第三位の広さの公園で、一部20時半に閉まるそうです。
宿から1~2kmとのことで、てくてくと歩いていきました。

ニュージーランドは飛行機で見ていた時も思いましたが、あまり大きな建物も少なく、自然だらけ!
それは街中にも言えて
鳥や花がたくさんありました。

f:id:monolingualblog:20191027033723j:plainf:id:monolingualblog:20191027033741j:plainf:id:monolingualblog:20191027033759j:plainf:id:monolingualblog:20191027033821j:plainf:id:monolingualblog:20191027033840j:plain

そんなこんなで20時ごろになり、だいぶ日が落ちてきました
(この時期のニュージーランドは20時でもまだ明るいです)
そこで、ごはん!
いつもトリップアドバイザーである程度調べていますが、今回は徒歩圏内で散策!適当に歩いていてメキシコ料理という看板があったのでそこにしようかと一度入ったのですが、
 超パーティーピーポーな雰囲気がありましたorz 「うぇーい」みたいな雰囲気がめっちゃします!
ちょっと合わないなあと思い、静かにテーブルでご飯がたべられるところを探していると
ここでいいんじゃにないかということで、適当に入った「spice paragon」に行きました。
入ると、ギルと呼ばれるウェイターが陽キャラの雰囲気で話しかけてくれて
おすすめを2品、そしてラムの肉が食べたかったのでラム肉をオーダーしました。

f:id:monolingualblog:20191027035112j:plain
店内はこんな感じ!

そして頼んだものがこれ!

f:id:monolingualblog:20191027035120j:plain

まずはクリスピーのイカですね。
上にはパクチーが入っていました。唐辛子やXOジャンで味付けがされていて、
めっちゃ美味い!!
イカには塩がそこそこかかっていて、ソース自体も唐辛子でめっちゃ辛いからか、アルコールが進む味!!!
玉ねぎの酸味も凄いあって、口の中がちょースパイシーなしびれ感が堪らない一品でした。

次はメインがどどんと届きました。
f:id:monolingualblog:20191027035138j:plain

牛頬肉のレッドカレーとラムのリブです。
これは動画必須ですね。両方とも、ものすごく柔らかく、ホロホロでとろけていくような感じです。
f:id:monolingualblog:20191027035156j:plain
カレー自体の味はココナッツの甘味も十分にあり、中にはリンゴの千切りが入っていました。
f:id:monolingualblog:20191027035215j:plain
ラムのリブには、ニンジンなどの野菜が入っていましたが、これはピクルスのように漬物になっていました。
ご飯はタイ米!少し硬めに炊きあがっていましたね。

ラブのリブはやや脂身がありますが、骨をつかむと肉が落ちていくぐらい柔らかいです。
ラムの独特な匂いはありますが、パクチーなどであまり感じず、リブ肉を一気に頬張ると感じる程度でした。
リブ自体は8本あり、連れと4本ずつ分けました。

これだけでかなりの量!ギルも最初「二人ならこれぐらいの量が良いよ」と言ってくれたのが大正解です。
ワインをグラスで一杯頼んでいて、お値段は 95NZドル(7000円程度)でした。
ニュージーランドがめっちゃ好きになった日となりましたね。